ペイトラは自動的にドルと日本円を変換できる

入出金サービスの多くは、ドルを日本円に交換する機能を持っていなかったり、日本円に交換できるものの手数料を取られる可能性があります。
日本円に交換して出金したいと考えている人にとって、日本円に交換するだけでもお金を取られてしまうのはかなり面倒なところでしょう。

しかしペイトラを利用すると、簡単にドルと日本円を交換できます。
日本円で入金されてもペイトラが自動的にドルに交換してくれますし、ドルで出金する場合でも日本円に自動的に交換して出金作業が実施されます。
日本円の銀行とドルでの入出金に対応するペイトラでも、簡単に入出金ができるのです。

ペイトラは通貨を自動的に交換できる

通貨を交換するためには、様々な手続きが必要です。
入出金サービスでも、手続きだけで相当な時間がかかってしまうのはもちろんのこと、手数料を取られてしまいます。
さらに通貨のレートも影響して、思っていた以上の金額に交換できない場合もあります。
しっかりと通貨を交換し、しかも手数料をかけないのは相当難しいことです。
しかしペイトラを利用すると、これまで手数料を使って交換していた方法から解放され、簡単に通貨を交換できるようになるのです。

ペイトラを利用すると、日本円で入金されたお金は自動的にドルに交換されています。
ドルのレートはその時点での数字が採用されているので、レートが低い時に交換しておけば得をする場合があります。
逆にレートが高い時に交換してしまうと、日本円に対してドルが高い状態となってしまい、交換時にあまり多くのドルが供給されていません。
つまりドルを得たいと思っている時には、なるべくレートが低い時に交換しておけばいいのです。

保有しているドルが変動するわけではないので、1度交換するとドルの数字は保証されています。
交換してからレートによってドルの金額が変動するわけではなく、入金した時点で処理されるものと考えてください。
従ってドルを長期的に保有して出金する方法で増やすという手法はほとんど使えません。
オンラインカジノから出金した場合も同じですが、ペイトラで長くドルを保有してから日本円に交換する意味はほとんどないので、ペイトラからはすぐに出金するようにしましょう。

日本円でペイトラに入金できるのはかなり大きなメリット

これまでは入金時にドルを手に入れる必要があったり、日本円を何らかの方法でドルに交換してから入金する方法を採用していました。
オンラインカジノへ入金するため、入出金サービスへドルを入れなければならないのは相当な手間がかかっていたのです。

しかしペイトラの登場により、その状況は大きく改善しました。
ペイトラにお願いすれば簡単に日本円をドルに交換してくれて、オンラインカジノへ送金できるようになったのです。
今までのようにドルを手に入れる必要がなくなり、クレジットカードを使った入金も必要ないところがメリットと言えるでしょう。
今までの負担を大幅に軽減してくれる点が、ペイトラを利用する大きな良さなのです。
しかもドルから日本円、日本円からドルというように、入金する金額を自動的に両替してくれるシステムにより、入金額がどれくらいなのか一目で確認できます。
すぐに情報を把握できる点も素晴らしいところで、今後はペイトラを利用する人も多くなる可能性があります。

今までの問題点を確実に解消し、オンラインカジノへの入金を促進してくれるペイトラは、ジパングカジノ系列にとって有効な手段なのは間違いありません。
今までの不安を解消させてくれて、オンラインカジノへ誰でも挑戦できる状況を作り出しているのはいいことでしょう。
まだ使えるオンラインカジノが少ないため、ペイトラが本当に使いやすいかは判断しづらいところもありますが、今後使えるオンラインカジノが増えてくれれば使いやすいサービスと判断できるはずです。

ペイトラはユーロには対応していない点に気を付けよう

一部のオンラインカジノはユーロを採用していますが、ペイトラはドルしか対応していない点に気を付けてください。
ユーロを採用しているオンラインカジノでは、ペイトラでユーロを作りだせない問題点が影響し、入金作業を実施できません。
つまりペイトラに対応しているのはドルを採用しているオンラインカジノだけで、ユーロを中心に採用しているオンラインカジノではどのような手段を使っても入金できないのです。
ユーロのオンラインカジノでは別のサービスを使ってください。

ヨーロッパ系のオンラインカジノを中心に、ドルを採用していないところもあります。
ドルを採用していない場合はユーロを作るしかありませんが、ペイトラにはユーロに対応する能力がなく、ドル以外の通貨に変換できないのです。
従ってユーロのみの対応を取っているオンラインカジノでは使えません。
ユーロ系のオンラインカジノがペイトラを採用しないのは、通貨に対応していないという部分も影響しているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です