モンテカルロ

モンテカルロ法というシステムベットの方法をご存知ですか?システムベットとは、マーチンゲール法に代表されるような機械的にベットする金額を決めることによって、最終的に報酬金額を増やそうという考え方です。マーチンゲール法などは、「運が良ければ少し利益が出るけど運が悪ければ大損する」というイメージがあり、ギャンブラーの間ではあまり好まれている方法ではありません。しかし今回紹介するモンテカルロ法は、マーチンゲール法のように大きなリスクを背負うことなく資金管理をすることができる方法なのでお勧めです。

モンテカルロ法のやり方

モンテカルロ法を行うには、紙とペンが必要になります。まず紙に「123」と書きます。そして、ベットする際には、そこに書かれた数列の右端と左端の数字を足した金額をベットします。この場合は4ドルです。そして負けた場合は負けてしまった金額である4を後に付け加え「1234」とします。そして両端の1と4を足した5ドルを次のゲームに賭けます。そしてまた負けてしまった場合は、負けた5ドルを4ドルの後に付け加え「12345」として両端の1と5足した6ドルを賭けます。勝つまでひたすらこれを繰り返します。
そして、勝った場合は両端の数字を1つずつ消します。(2倍の配当の場合)先ほどの例で言えば、左1と右の5を消して「234」だけが残ります。すると次のゲームでは2と4を足して6ドルを賭けるということになります。そしてここで負けた場合、数列に負けた6を足して「2346」となり、次のゲームでは8ドルを賭けることになります。勝ちが続いて数列がなくなった段階で「123」に戻ります。ちなみに、3倍の配当のゲームを行う場合は勝った時に両端の数字を2個ずつ消します。

オススメのゲーム

モンテカルロ法がおすすめのゲーム

モンテカルロ法は、配当が2倍のゲームで行った場合は、1セットが終了した段階で必ずプラスになるわけではありません。連勝で締めくくらなければ利益が得られないこともあります。
一方、配当が3倍のゲームで使用すれば、セット終了時に必ず軍資金がスタート時よりも増えます。
このように考えると、モンテカルロ法は配当が3倍のゲームに有利だと言えます。そう考えるとお勧めなのがルーレットです。ルーレットには、3分の1の確率で報酬が3倍もらえる賭け方が2通り存在します。ダズンベットとコラムベットです。このいずれかの賭け方をモンテカルロ法を使いながら行えば、カジノでの資金運用に一役買ってくれるはずです。

まとめ

モンテカルロ法は有名なシステムベットの1つです。配当が3倍以上のゲームでおすすめのやり方なので、一度は試してみると良いでしょう。